根本的には男性はみんなSで女性はMだと思う

セックスの最中どんな要求も断れないMな人妻を調教する

客がいなくなるのを見計らって、レジに向かい、うつむいたまま精算をしていました。「ど、どうして、こんなこと、させるんですか?」差恥まみれの彼女が、レジ袋と領収書を差し出してきました。「ええと、じゃあ、二千円でおつりが……脱いだ下着も出してください」「う、うそでしょ。信じられない」彼女は、顔をそむけ、くしゅっと縮んだ純白のショーツを、両手で包むようにして、僕に渡してくれました。まだ、ほんのりと、体温が残っているようでした。「あの、こんな、私……これから、どうすれば」

「じゃあ、また、メールしますから」胸に劣情が渦巻いていましたが、僕はきびすを返して、家路につきました。彼女が魅力的な女性だったからこそ、そうしたのです。延長取材で、いきなり性行為に至るのも、非常にうれしいことなのですが、そういう場合、「その後」は、あまり期待できません。あまりに唐突な出来事に、女性は冷静になってから、差恥と後悔の念に苛まれるのかもしれません。

逆に、取材がきっかけでも、ある程度、普通のコミュニケーションを取ってから、一線を越えると、人妻たちは、どんどん淫らに心身を開いてくれるのです。不倫の疑似恋愛で、二人の間に必要なのは、本当の恋愛感情よりも、より近いニュアンスなのです。お互いを理解しているような、雰囲気を作り出すことです。それがケータイの魔力なのか、何度も私的なメールをやり取りしているだけで、付き合っているような気分になります。それから二人で食事や飲みに行くことになれば、お互いに、男女を意識することになるのは、間違いありません。
今日、大阪で人気が高い出張マッサージから吹田市の自宅まで来てくれた女性は知的で奥ゆかしく、仕草などがとっても美しいまさに大和撫子といった雰囲気の女性でした
ふだん、なかなか寝付けなかったのですが、大阪のアロマ回春マッサージで教えてもらったアロマオイルを使ってみたところ、すぐに眠りに入れるようになりましたよ。


一方で女性は、好意を寄せる男性と、自分がどんな恋愛をするかに、憧れるのです。つまり、女性は、恋愛自体に思い入れが強いのです。極論すれば、恋愛をするために、誰かを好きになることができるといってもいいでしょう。それこそ、男にはない「恋愛志向」です。

アダルト系の漫画に目を向ければ、セックス観の違いも、如実に現われています。男性向けのエロ劇画は、ヒロインが命です。ヒロインが魅力的であれば、どんな性行為をしても興奮してしまいます。しかし、レディコミになると、主人公が男にどんなことをされてしまうか、性行為の内容自体が、女性読者を興奮させるのです。これは、さきほど述べた本来的な性差に、由来する部分も大きいでしょう。

最新情報
2013/05/09 オススメ記事を更新しました。
2013/05/05 新着記事を更新しました。
2013/05/04 濃密な疑似恋愛を更新しました。
2013/05/01 根本的な性差を更新しました。
2013/04/29 する男とされる女を更新しました。
2013/04/27 駆け引きのメール調教を更新しました。
2013/04/26 セックスの最中どんな要求も断れないMな人妻を調教するを更新しました。
2013/04/23 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
ラブギャラリー風俗ナイトピビンビンウェブ
首都圏の風俗情報満載!風俗体験動画満載!!ヘルス、デリヘル、ホテヘル、ソープランド等の風俗最新ニュースを手軽にチェック千葉の風俗店情報のポータルサイト